新潟第一法律事務所スタッフブログ

坂本竜馬に学ぶ

 │ 新潟事務所, 燕三条事務所, 長岡事務所, 新発田事務所, 上越事務所, 東京事務所 

先日、司馬遼太郎の「竜馬がゆく」を初めて読みました。

 

コミック版の「お〜い!竜馬」は昔読みましたし、大河ドラマの「龍馬伝」は観ていましたが、司馬遼太郎の原作は初めて目を通しました。

 

坂本竜馬の薩長同盟から大政奉還へいたるまでの活躍はざっくりとは知っていましたが、今回特に関心したのは、竜馬のプラグマティックな発想力と行動力です。

 

当時の尊皇攘夷や佐幕論などは、とても観念的(思想的)ですが、それに対して、竜馬はとても実利的な考え方をする人で、それをベースにいろんな人を動かしていきます。

 

これは、竜馬が階級差別が非常に強かった土佐藩の鄕士(下の身分)出身でいながら、実家は裕福な商人の分家だったことから商人的な発想もあり、武士の観念論に染まっていなかったことが理由の1つのようです。

 

竜馬が作成した新政府の構想の中でも、自分は役職にはつかず、「世界の海援隊でもやるか」と行って、日本だけでなく世界に目を向けています。

 

このような人が幕末に出たのは奇跡的かもしれません。

 

それに比べて、現在の政治家は・・・・(以下自主規制・・・)。

 

小説の中で竜馬の座右の銘は、「世に生を得るは、事をなすにあり」ですが、もうとっくに竜馬の亡くなった年を過ぎた私も何をやるために生を得たのか考えないといけないと思う今日この頃です。

 

<投稿:誠>

AI時代に消える職業

 │ 新潟事務所, 燕三条事務所, 長岡事務所, 新発田事務所, 上越事務所, 東京事務所 

 

先日、東京でセミナーに参加してきました。

 

会場は丸の内の大きなビルの20階ぐらいで、窓の外には高層ビルが立ち並んでおり、それだけで田舎者の私からすると気圧される雰囲気がありました。

(東京には大学入学から10年以上住みましたが、丸の内のオフィス街には足を踏み入れたことはほとんどありませんでした・・・汗)。

 

少し早く会場に到着したので、近くにある本屋(丸善丸の内本店)を覗きました。

 

オフィス街にあるだけあって、1階の入口近くにはビジネス関係の書籍が山積みでした。

 

そこで手にとって購入したのが、「2022年、「働き方」はこうなる」 (磯山友幸(著)PHPビジネス新書)という新書でした。

 

帰りの新幹線で読みましたが、昨今話題となっている「働き方改革」に関して、5年後の2022年には私たちの働き方はどのようになっているのか?というテーマで書かれていました。

 

その中で、AI時代に消える職業に「法律事務所事務員」も上げられていました(冷汗)。

 

そのような話はよく言われているので驚きはしませんでしたが、「法律事務所事務員」の私としては、AIに負けないように「人」でなければできない仕事ということを意識しながら、今後の働き方を考えていかなれけばいけないなぁとしんみり考えさせれた帰り道でした・・・。

 

【投稿:今】

強風にご注意ください。

 │ 新潟事務所, 燕三条事務所, 長岡事務所, 新発田事務所, 上越事務所, 東京事務所 

 

新潟県内では、10日から11日にかけて暴風雪となる予報です。

通勤途中にある新潟事務所近くの「県庁の森」では、強風によって木が根元から折れて倒れていました。

 

kentyounomori1

 

県外の方からは、新潟は雪がたくさん積もって大変ではないですかとよくご心配をいただきます。

しかし新潟市内では、雪が積もることはそこまで多くありません。

むしろ冬は強風の季節なのです。

 

特に当事務所の新潟事務所は海まで数キロしかなく、信濃川沿いにあるため、周辺では非常に強い風が吹きます。

 

ご相談やお打ち合わせなどで当事務所までお越しになる際には、どうぞ十分にお気をつけください。

 

【投稿:萩】

2017年の新潟第一法律事務所を振り返って

 │ お知らせ, 新潟事務所, 燕三条事務所, 長岡事務所, 新発田事務所, 上越事務所, 東京事務所 

2017年も終わりが近づいています。

 

今年も当事務所では、個人や企業のみなさまが直面する幅広い法律問題を解決し、地域の発展に貢献するための取り組みを行ってきました。

 

その一例として、当事務所にお越しくださった方によりご満足いただくことを目的として行った所内研修があります。

弁護士2名がペアを組み、相談者役と弁護士役に分かれて法律相談のデモンストレーションを行い、意見交換を行いました。

ご相談者様のお話を丁寧にお伺いするための姿勢と、正確なアドバイスをするための心構えを学び、弁護士・事務員ともに意識を新たにいたしました。

 

また、新たに法人様向けの企業法務サイトをオープンし、顧問先様向けのチャット相談サービスのリリースに向けて準備を進めるなど、法人様向けのサービスの拡充に取り組んだ1年でもありました。

 

2018年は、みなさまにとってより一層心強いパートナーになれるよう、弁護士・事務員一同精進してまいります。

 

2017年の最後に、年末の各拠点の様子をお伝えいたします。

 

 

◆上越事務所◆

jyoetsumyoko

クリスマス前の上越妙高駅です。

 

◆長岡事務所◆

長岡駅前にある長岡市役所アオーレの様子

アオーレ長岡の冬を彩る“アオルミネーション”です。
来年2月14日まで開催されます。

 

◆燕三条事務所◆

三条市役所の正面玄関の門松

 

昼間の燕三条駅と良寬さん

 

上は三条市役所の正面玄関の門松です。

下は昼間の燕三条駅と良寬さんです。少し雪が積もっています。

 

◆新発田事務所◆

shibata DSC_0006_1513739917122

 

上は、新発田市役所、下は自衛隊新発田駐屯地 白壁兵舎広報資料館のライトアップです。

 

◆東京事務所◆

東京も正月支度が始まりました!

東京も正月支度が始まっております。

 

 

◆新潟事務所◆

新潟駅前

クリスマスの新潟駅前です。

 

2017年、祝日土曜の日数

 │ 新潟事務所, 燕三条事務所, 長岡事務所, 新発田事務所, 上越事務所, 東京事務所 

 

今年も残すところあと10日少々となりました。

 

天皇誕生日の祝日が12月23日なのも、残りわずかですね。

 

 

祝日といえば、今年は祝日が土曜日と被ることが非常に多い1年でした。

 

すでにみなさまご存じのとおり、祝日が土曜日と被ったとしても、振替休日は発生しません。

 

これは土日祝日休みの会社員のみなさまにとっては由々しき事態かと思います。

 

2017年 祝日の土曜日一覧

 

・建国記念日(2月11日)

・昭和の日(4月29日)

・秋分の日(9月23日)

・天皇誕生日(12月23日)

 


 

前年の2016年よりも4日も祝日が少なかったことがわかります。

 

祝日と土曜日が被るということは、「今月の3連休何しようかな」と考える楽しみが減ることでもあります。

 

実際に身体を休める日が少ないことはもちろんですが、3連休を待ち望むワクワク感が減るということは、日々一生懸命仕事に取り組んでいる方々にとって、精神的に大きな痛手なのではないでしょうか。

 

では、来る2018年はどうなのか…

 

2018年 祝日の土曜日一覧

 

・こどもの日(5月5日)

・山の日(8月11日)

・文化の日(11月3日)

 


 

な、なんと。

 

来年も今年に引き続き、3日も祝日と土曜日が被ります!

 

しかし、こちらの投稿をお読みいただいている方の中には、

 

「サービス業だから祝日なんて関係ないし」

「そもそも祝日は基本休みじゃないし」

 

という方もいらっしゃるかと思います。

 

 

平日・休日の過ごし方は十人十色です。

 

祝日が少ない、と嘆くのはやめて、何曜日であっても、いかに毎日を充実させるかを考えながら過ごしていくことが、彩りある毎日を送るうえで大切なことなのかもしれません。

 

 

日々の生活を送る中で発生するトラブル、家庭の問題、事故など、自分では対処しきれない問題が発生したときは、当事務所まで足を運んでいただけたらと思います。

 

 

 

年の瀬の空気が漂う新潟第一法律事務所ですが、来る2018年を気持ちよく迎えられるよう、残り少ない2017年も、弁護士・事務員一同、頑張ってまいります。

 

【投稿:崎】

PAGE TOP