顧問契約・企業法務

顧問契約・企業法務トップ > 不動産

悩むよりも、まずご相談ください

お客様のトラブルや不安を一日でも早く取り除くためのサポートをいたします。

ご相談の予約は、

0120-15-4640 メールからのご予約はこちら
受付時間
9:00~17:00 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間
17:00~19:00 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間

不動産

アパートを賃貸していますが、家賃がしばらく滞っている借主がいます。 出て行ってもらいたいのですが、どうすればよいでしょうか?

まずは賃貸借契約を解除できるかを検討します。

お早めにご相談下さい。借主は借地借家法や判例による保護が厚いので、まずは賃貸借契約を解除できるかを検討します。解除可能な場合には、内容証明郵便で契約解除と明渡しを通知します。居座られることがままありますので、あまり待たずに明渡しの訴訟を提起した方がよい場合が多いでしょう。
明渡しを命じる判決が出されると、執行官に明渡しの強制執行を申し立てます。執行官が現地に行って執行期日を告知することで任意に明け渡してもらえることが大半ですが、借主が行方不明だとか、明け渡さない場合には、強制的に明渡しを断行することになります。

隣人との間で土地の境界について争いがあります。

これまで土地家屋調査士とも協力して、多くの境界紛争を解決しておりますので、
お悩みの場合にはお気軽にご相談ください。

土地の境界については、大きく一つの地番の土地同士の境(筆界)と、所有権の範囲としての境(所有権界)とがあります。
筆界の争いについては、法務局の筆界特定制度を利用することも可能ですが、最終的な境界確定は裁判所の判決によります。所有権の範囲の争いについても、話し合いによる解決ができない場合には、訴訟手続により解決を図ることになります。
当事務所では、これまで土地家屋調査士とも協力して、多くの境界紛争を解決しておりますので、お悩みの場合にはお気軽にご相談ください。

悩むよりも、まずご相談ください

お客様のトラブルや不安を一日でも早く取り除くためのサポートをいたします。

ご相談の予約は、0120-15-4640 メールからのご予約はこちら
受付時間
9:00~17:00 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間
17:00~19:00 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間

悩むよりも、まずご相談ください

お客様のトラブルや不安を一日でも早く取り除くためのサポートをいたします。

ご相談の予約は、

0120-15-4640 メールからのご予約はこちら
受付時間
9:00~17:00 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間
17:00~19:00 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間
販売書籍のご案内 法務情報 スタッフブログ
お急ぎの方はこちら
PAGE TOP