交通事故

交通事故トップ > むちうちについて

悩むよりも、まずご相談ください

お客様のトラブルや不安を一日でも早く取り除くためのサポートをいたします。

ご相談の予約は、

0120-15-4640 メールからのご予約はこちら
受付時間
9:00~17:00 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間
17:00~19:00 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間

むちうちについて

本当にあなたの苦しみに見合った賠償が受けられていますか??

~新潟第一法律事務所の弁護士が、適切な賠償が受けられるようにサポート致します~

下記の項目にあてはまる人は、一度、弁護士にご相談してみてはいかがですか?

むちうちとは

むちうちは、交通事故による傷害の代表的なもので、「頚椎捻挫」「外傷性頚部症候群」「腰椎捻挫」といった診断名がつきます。交通事故でむちうちになる方は非常に多いのですが、適正な賠償を受けるにあたっては特有の難しさがあります。

治療費打ち切りの問題

ひとくちに「むちうち」といっても症状の程度は人それぞれ様々です。事故から短期間で症状が良くなる方もいれば、事故から長期間経っても十分な改善がみられない方もいます。
しかしながら保険会社はむちうちの場合、事故から一定の期間(6か月程度)が経過すると、症状の程度にかかわらず、一律に治療費の支払いの打ち切りを打診してくる傾向にあります。
すなわち、何も知らないと、治療を続ける必要があるにもかかわらず、保険会社に言われるまま治療費の支払いが打ち切られてしまうことがあるのです。これが、治療費の「打ち切り」の問題です。

後遺障害認定の問題

他の傷害と同様、むちうちの場合も、治療終了後に痛みなどの症状が残るときは、後遺障害の認定を受けることができます。  しかし、むちうちの場合、自覚症状があるにもかかわらず、レントゲンなどの画像診断では異常が認められないことがあります。また、画像診断で異常が認められたとしても、加齢など事故とは関係のない原因によるものと判断され、事故による後遺障害と認定してもらえないことがあります。
後遺障害の認定を受けられないと、治療終了後に痛みなどが残っていたとしても、適切な賠償が行われないことになり、最終的に支払われる賠償額は大幅に低くなってしまいます。ですので、後遺症が残る場合には、適切な賠償金を受け取るために、しっかりと準備をする必要があります。これが後遺障害認定の問題です。

新潟第一法律事務所にむちうち案件を依頼するメリット

以上のとおり、むちうちで適正な賠償金を勝ち取ることは簡単ではありません。 当事務所は、被害者の皆さんの盾になり、治療費の支払いが不当に打ち切られることのないよう保険会社と交渉します。また、きちんとあなたの症状に見合った後遺障害が認定されるよう全力でサポートします。
当事務所では交通事故などの対応を集中して行う損害賠償請求チームを立ち上げ、事件処理のノウハウを蓄積し、個々の弁護士がスキルアップに努めています。
「自分の症状はたいしたことがない」「納得がいかない賠償額だけど、しょうがない」「保険会社がそういうのなら仕方ない」と諦めず、ぜひ一度当事務所にご相談ください。

事故発生からのフローチャート

事故発生からのフローチャート

Flow-1事故の発生

突然の事故でなにをしてよいかわからない!でも、適切な賠償金を受領するためには、事故直後からの対応が重要です。早い段階でのご相談をお勧めします。

Flow-2治療

治療に専念することが重要です。

Flow-3症状固定(治療費支払いの打ち切り)

まだ痛みが残るのに治療打ち切りと言われた。よく相談の上で対応しましょう

Flow-4後遺症認定

漏れなく検査をして後遺障害診断書を記載してもらいましょう。

Flow-5損害賠償請求の交渉

弁護士が交渉し、裁判基準による適切な賠償を目指します。

むちうち(頸椎捻挫・腰椎捻挫)に関連するよくある質問

首がまだ痛いのですが、保険会社から「そろそろ治療費の支払いを打ち切る」 といわれました。どうすればよいですか。

必ずしも保険会社の言いなりになる必要はありません。まずは弁護士に相談しましょう。当事務所にご依頼いただければ、必要に応じて主治医に意見を求め、治療費の支払いを継続するよう保険会社と交渉します。

弁護士に依頼するって費用がすごくかかるのでは?

被害者側の案件の場合、当事務所は、一定の条件を満たすと着手金無料(保険金受領後の成功報酬のみ必要)になりますので、初期費用の心配なくご依頼いただけます。また、弁護士費用特約(下記参照)を利用できる場合にも、実質的な負担なくご依頼頂ける場合があります。 着手金が無料となる4つのポイント ① 死亡事故、後遺症等が残存する、または、残存する可能性がある事故であること ② 交通事故の被害者であること ③ 加害者が対人無制限の任意保険に加入していること ④ 弁護士費用特約が利用できないこと (弁護士費用特約に加入している場合には、保険会社の基準により、保険会社が着手金や報酬を負担することになります。)

慰謝料の額はどうやってきまるの?

慰謝料には、①入通院慰謝料、②後遺障害慰謝料の2つの種類があります。 ①入通院慰謝料は入通院に要した期間(日数)によって決まります。 ②後遺障害慰謝料は残存した後遺障害の程度によって決まります。後遺障害と認定されなければ、後遺障害慰謝料はゼロになってしまいます。

弁護士費用特約をご存知ですか?

あなたの加入する任意保険(共済)に弁護士費用特約がついていれば、弁護士費用の負担なく弁護士に依頼することができます。弁護士費用特約がついているかどうかは、任意保険会社(共済)にご確認下さい。

事例紹介

これまでにあった、むちうちの賠償事例をご紹介します。

解決事例と同じような悩みを抱えている方は、一度弁護士にご相談ください。
※秘密保護のため、具体的な内容は記載しておりません。ご了承ください。

14級(保険会社から提案された賠償額からの大幅アップが認められたケース)

加害者側の保険会社から示談案の提示があった。裁判基準よりも少額な保険会社の自社基準に基づいて計算されていたので、当事務所に交渉を依頼した。

交渉の結果、裁判基準により傷害慰謝料と後遺症慰謝料が認められ、その他、家事労働分も評価して逸失利益等も認められた。結果として、当初に保険会社から提案された金額より、110万円ほど高い金額で示談がまとまった。

14級(打ち切りとせずに適切な治療を受け、後遺症認定されたケース)

接触事故でむちうちになり、事故から約5か月後に当事務所に依頼した。その後、保険会社から治療費支払いの打ち切りの打診があったが、比較的症状が重かったため、支払いを継続するよう保険会社と交渉を行った。その結果、支払いを継続してもらうことに成功し、約9か月間の治療費全額が支払われた。
また、後遺障害認定にあたっては、弁護士が医師と直接面会し必要な検査を実施するようお願いした。その結果、詳細な後遺障害診断書を作成してもらうことができ、後遺障害等級14級が認定された。

異議申立て(異議申立てで認定されたケース)

 追突事故でむちうちとなり、約1年半治療した後も、上肢にしびれなどが残った。しかし、後遺障害診断書において症状が緩解するだろうとの見解が示されていたことなどから後遺障害に該当しないと判断された。
 その後、当事務所が依頼を受け、数か月の通院治療の後、再度、主治医に後遺障害診断書を作成してもらい、異議申立を行った。申立てが認められ、後遺障害等級14級が認定された。

悩むよりも、まずご相談ください

お客様のトラブルや不安を一日でも早く取り除くためのサポートをいたします。

ご相談の予約は、0120-15-4640 メールからのご予約はこちら
受付時間
9:00~17:00 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間
17:00~19:00 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間

悩むよりも、まずご相談ください

お客様のトラブルや不安を一日でも早く取り除くためのサポートをいたします。

ご相談の予約は、

0120-15-4640 メールからのご予約はこちら
受付時間
9:00~17:00 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間
17:00~19:00 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間
販売書籍のご案内 法務情報 スタッフブログ
お急ぎの方はこちら
PAGE TOP