交通事故

交通事故トップ > インタビュー

悩むよりも、まずご相談ください

お客様のトラブルや不安を一日でも早く取り除くためのサポートをいたします。

ご相談の予約は、

0120-15-4640 メールからのご予約はこちら
受付時間
9:00~17:00 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間
17:00~19:00 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間

インタビュー

交通事故に関する、新潟第一法律事務所の弁護士のインタビューをご紹介します。

交通事故の被害にあった方へのアドバイス

交通事故チーム責任者
弁護士 古島実

早期のご相談が大切です。

最近では、弁護士特約により、自動車保険で弁護士費用を賄える場合もあり、以前にくらべてずいぶんと弁護士に依頼しやすくなりました。
加害者・被害者同士の話し合いでは感情的なぶつかり合いが生まれるだけなので、弁護士を入れてきちんと法律に基づいた解決を図ることが望ましいといえます。
また、交通事故などの被害にあったとき、法律知識がないために、被害者の方が思わぬ不利益を被ってしまうことが少なくありません。泣き寝入りをしないで済むように、ぜひ早めに弁護士に相談してほしいです。

交通事故事件に興味をもったきっかけは?

かつて、事故により尿失禁の後遺症が残ったという診断書を持ってきた被害者の方がいらっしゃいました。当初は後遺障害等級7級と認定されたのですが、よく話を聞いてみると、便失禁もあるとのことでした。医師と連絡をとり、診断書を書き直してもらったところ、等級が5級に上がり、賠償金額は数百万円跳ね上がりました。数百万増えたら、その後の生活もかなり違ってきますよね。そんな事例を経験して、この分野を集中的に勉強しようと思いました。

心がけていることは?

依頼者の話をじっくり聞くことを心がけています。事故は、法律とは関係なく発生した“生の事実”です。法律を使って解決を図ろうとする弁護士としては、依頼者の話を聞くことが何より大切だと思います。何があったのかということを詳しく聞き取り、事実と依頼者の希望を正確に把握するように努めています。
もう一つ心がけているのは、後遺障害など専門分野を深く勉強することです。現代では法律問題も高度化しているので、生半可な知識では追いつきません。分野ごとに専門化することが必要です。特に後遺障害に関してはプロ中のプロをめざしたいですね。

最後にひとこと

社会生活上の医師として、被害者と真剣に向き合います

当事務所は支所と本所で連携し、高度な問題があれば本所に引き継ぐという、個人病院と総合病院のようなシステムになっています。病院と同じ感覚で、気楽に相談してください。

解決事例

※秘密保護のため、具体的な内容は記載しておりません。ご了承ください。

交通事故(過失割合100:0)に遭ってムチウチになり6か月間通院して治療、手にしびれが残り、後遺障害等級14級と認定された。治療中、仕事を1か月休業。事故前の収入は月額30万円。訴訟によりおおよそ下記のとおり解決した

裁判で請求する基準で計算すると概略次のとおりとなります。

1.治療費

保険会社が実費を医療機関に支払い

2.休業損害(1か月休業したことによって得られなかった収入の賠償)

30万円

3.入通院慰謝料(6か月間の通院による精神的苦痛に対する賠償)

89万円

後遺障害慰謝料(14級の後遺障害が残ったことによる精神的苦痛に対する賠償)

110万円

5.後遺障害逸失利益(後遺障害により将来減るであろう収入についての賠償)

77万9,310円

6.弁護士費用(1ないし5の合計額の1割)

30万円

合計 336万9,310円

交通事故(過失割合100:0)に遭い、股関節を骨折し5か月間入院して治療。股関節を人工関節と入れ替え、後遺障害等級10級と認定。治療中仕事を5か月休業。事故前の収入は月額30万円。訴訟によりおおよそ下記のとおり解決した

1.治療費

保険会社が実費を医療機関に支払い

2.休業損害(5か月休業したことによって得られなかった収入の賠償)

150万円

3.入通院慰謝料(5か月間の入院による精神的苦痛に対する賠償)

217万円

4.後遺障害慰謝料10級の後遺障害が残ったことによる精神的苦痛に対する賠償)

550万円

5.後遺障害逸失利益(後遺障害により将来減るであろう収入についての賠償)

1423万2,996円

6.弁護士費用(1ないし5の合計額の1割)

230万円

合計 2570万2,996円

ムチウチの例

STEP1

事故による負傷

事故でムチウチになった。

STEP2

治療・症状固定

治療したが完治しなかった。

STEP3

事故による負傷

  • ・今も症状に苦しんでいる
  • ・首、背中、腰などの痛み
  • ・腕、手、足などのしびれ
  • ・めまいなどの自律神経症状
STEP4

つらい程度、働けない程度を示す後遺障害等級の認定

とてもつらい、以前のように働けない

・つらい程度(等級)に応じて・・後遺障害慰謝料
・働けない程度(等級)に応じて・・後遺障害逸失利益

骨折や大けがの例

STEP1

事故による負傷

事故で骨折や大けがを負った。

STEP2

治療・症状固定

治療したが完治しなかった。

STEP3

事故による負傷

  • ・関節の動きが悪くなったり、ぐらぐらする。
  • ・手足の感覚が麻痺する。しびれる。
  • ・傷痕やあざが残った。
  • ・手足を自分で動かせなくなる
  • ・水着になると骨の変形が分かる
STEP4

つらい程度、働けない程度を示す後遺障害等級の認定

とてもつらい、以前のように働けない

・つらい程度(等級)に応じて・・後遺障害慰謝料
・働けない程度(等級)に応じて・・後遺障害逸失利益

悩むよりも、まずご相談ください

お客様のトラブルや不安を一日でも早く取り除くためのサポートをいたします。

ご相談の予約は、0120-15-4640 メールからのご予約はこちら
受付時間
9:00~17:00 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間
17:00~19:00 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間

悩むよりも、まずご相談ください

お客様のトラブルや不安を一日でも早く取り除くためのサポートをいたします。

ご相談の予約は、

0120-15-4640 メールからのご予約はこちら
受付時間
9:00~17:00 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間
17:00~19:00 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間
販売書籍のご案内 法務情報 スタッフブログ
お急ぎの方はこちら
PAGE TOP