交通事故

交通事故トップ > 後遺障害について

悩むよりも、まずご相談ください

お客様のトラブルや不安を一日でも早く取り除くためのサポートをいたします。

ご相談の予約は、

0120-15-4640 メールからのご予約はこちら
受付時間
9:00~17:00 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間
17:00~19:00 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間

後遺障害について

あなたのこれからの人生に影響を与える後遺障害。きちんと賠償を受けるために、知っておいていただきたいことがあります。

後遺障害とは

治療が終わっても、ケガの程度によっては、痛み・体の不自由・大きな傷跡などが残ってしまうことがあります。これが後遺障害です。
後遺障害は程度によって、最も重い1級から最も軽い14級までの14等級に区分されており(後遺障害等級といわれるものです)、所定の審査機関による審査を経て認定されます。

後遺障害と認定されると賠償金の額が大幅にアップします

後遺障害と認定されると、主に以下の2つの費目の賠償金が上乗せになり、賠償金の総額が大幅にアップします。また、後遺障害等級が高くなればなるほどその額は大きくなります。

1.逸失利益

後遺障害が残ることで、事故に遭う前と同じように仕事をこなせなくなり、収入が減ることがあります。逸失利益は、交通事故に遭わなければ将来得られたであろう収入をカバーするための賠償金です。

2.後遺障害慰謝料

後遺障害が残ったことにより、被害者の方は、肉体的な苦痛だけではなく精神的な苦痛も受けます。後遺障害慰謝料はこうした精神的苦痛をカバーするための賠償金です。

後遺障害等級認定の落とし穴

後遺障害等級認定の落とし穴

後遺障害等級は、審査機関による審査を経て認定されます。きちんとあなたの負った障害に見合った後遺障害等級が認定されればいいのですが、必ずしもそうではありません。
後遺障害等級認定の審査にあたっては、医師が作成する「後遺障害診断書」といわれる書類が重要な資料となります。
しかし、必要な検査を実施しないままこの書類が作成されたり、記載事項に漏れがあったりすると、本当は後遺障害が残っているけれど、後遺障害等級の認定が受けられない、というケースがでてきてしまいます。
当事務所は、治療中の段階からあなたに寄り添い、適正な後遺障害等級の認定を受けられるよう全力でサポートします。

ムチウチについて

交通事故により発生する傷害の代表的なものにいわゆるムチウチがあります。ムチウチの場合、「外傷性頚部症候群」「頚椎捻挫」 「頚部捻挫」といった診断名がつきます。
ムチウチで後遺障害等級の認定をうけるにあたって難しいのは、首の痛み、頭痛、めまいなどの症状が残っているにもかかわらず、各種検査で異常なしと判断されることがあることです。
検査で異常なしと判断された場合、保険会社から早期に治療費の支払いの打ち切りを迫られ、さらには後遺障害等級も認定されず、十分な補償を受けられないことがしばしばあります。
しかし、検査で異常がみられないような場合でも、必ずしも後遺障害等級の認定が受けられないわけではありません。症状が一貫しており適切な通院を行っていれば、後遺障害として認定される場合があります。通院初期の段階で当事務所にご相談いただければ、通院にあたってのアドバイスを行うことができますので、早期にご相談いただくことをおすすめします。
また、早期にご依頼いただければ、治療の終了時期に対しても、保険会社との間で交渉を行い、不当に治療費の支払いが打ち切られることのないよう対応することができます。

後遺障害等級認定にあたり弁護士に依頼するメリット

1治療や検査を受けるにあたってのポイントをアドバイスします

診察の際、痛みなどの症状を我慢して医師に伝えなかったり、検査の際に無理をしたりすると、あなたの正確な体の状態が後遺障害診断書に反映されないことがあります。当事務所はそのようなことがないよう、あらかじめ治療や検査を受けるにあたってのポイントをアドバイスします。

2必要に応じて医療機関との折衝を行います

必要に応じて、医療機関と連絡をとり、後遺障害認定を受けるために必要な検査をお願いしたり、必要な書類の作成をお願いしたりします。

3異議申立てを積極的におこないます

後遺障害等級認定の結果に不満がある場合、異議申立の手続をとることができます。当事務所は、あなたのご要望に応じて積極的に異議申立の手続をおこないます。

後遺障害Q&A

医師から後遺障害診断書を書いてもらいましたが、実際の症状と書いてあることが違う気がします。そのまま保険会社に提出してよいでしょうか。

提出しないことをおすすめします。必要に応じて、医師に作り直しや訂正をお願いし、あなたの症状や検査結果を漏らすことなく記載された状態で提出することが大切です。

後遺障害等級14級の認定を受けました。
事故当時、無職だったのですが逸失利益の賠償は受けられますか。

事故当時無職であったとしても、その後、働くことが予定されていたような場合には逸失利益の賠償を受けられるケースがあります。あなたの事情によって異なりますので、まずはご相談下さい。

後遺障害慰謝料はどのくらいが適正な額ですか

後遺障害慰謝料として裁判で認められる金額は下記の金額が目安となります。保険会社の最初の提示額は、下記の金額を下回るのが通常です。
第1級 2800万円
第2級 2370万円
第3級 1990万円
第4級 1670万円
第5級 1400万円
第6級 1180万円
第7級 1000万円
第8級  830万円
第9級  690万円
第10級 550万円
第11級 420万円
第12級 290万円
第13級 180万円
第14級 110万円

解決事例

ムチウチの例

STEP1

事故による負傷

事故でムチウチになった。

STEP2

治療・症状固定

治療したが完治しなかった。

STEP3

事故による負傷

  • ・今も症状に苦しんでいる
  • ・首、背中、腰などの痛み
  • ・腕、手、足などのしびれ
  • ・めまいなどの自律神経症状
STEP4

つらい程度、働けない程度を示す後遺障害等級の認定

とてもつらい、以前のように働けない

・つらい程度(等級)に応じて・・後遺障害慰謝料
・働けない程度(等級)に応じて・・後遺障害逸失利益

骨折や大けがの例

STEP1

事故による負傷

事故で骨折や大けがを負った。

STEP2

治療・症状固定

治療したが完治しなかった。

STEP3

事故による負傷

  • ・関節の動きが悪くなったり、ぐらぐらする。
  • ・手足の感覚が麻痺する。しびれる。
  • ・傷痕やあざが残った。
  • ・手足を自分で動かせなくなる
  • ・水着になると骨の変形が分かる
STEP4

つらい程度、働けない程度を示す後遺障害等級の認定

とてもつらい、以前のように働けない

・つらい程度(等級)に応じて・・後遺障害慰謝料
・働けない程度(等級)に応じて・・後遺障害逸失利益

交通事故(過失割合100:0)に遭い、股関節を骨折し5か月間入院して治療。股関節を人工関節と入れ替え、後遺障害等級10級と認定。治療中仕事を5か月休業。事故前の収入は月額30万円。訴訟によりおおよそ下記のとおり解決した

1.治療費

保険会社が実費を医療機関に支払い

2.休業損害(5か月休業したことによって得られなかった収入の賠償)

150万円

3.入通院慰謝料(5か月間の入院による精神的苦痛に対する賠償)

217万円

4.後遺障害慰謝料10級の後遺障害が残ったことによる精神的苦痛に対する賠償)

550万円

5.後遺障害逸失利益(後遺障害により将来減るであろう収入についての賠償)

1423万2,996円

6.弁護士費用(1ないし5の合計額の1割)

230万円

合計 2570万2,996円

悩むよりも、まずご相談ください

お客様のトラブルや不安を一日でも早く取り除くためのサポートをいたします。

ご相談の予約は、0120-15-4640 メールからのご予約はこちら
受付時間
9:00~17:00 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間
17:00~19:00 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間

悩むよりも、まずご相談ください

お客様のトラブルや不安を一日でも早く取り除くためのサポートをいたします。

ご相談の予約は、

0120-15-4640 メールからのご予約はこちら
受付時間
9:00~17:00 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間
17:00~19:00 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間 受付時間
販売書籍のご案内 法務情報 スタッフブログ
お急ぎの方はこちら
PAGE TOP